コンソーシアム

設立の経緯

水素エネルギー社会の実現に向け、東工大の基礎研究力を活用し、産学官が連携して活動できるプラットフォームとして、グローバル水素エネルギーコンソーシアムが設立されました。本コンソーシアムは、海外の未利用エネルギーからの水素を利用するグローバルなスケールでの水素サプライチェーン構築とこれにかかわる技術課題の解決に焦点を絞るとともに、国内の再生可能エネルギーからの水素の供給と利用、さらに、燃料電池に限らない様々な水素利用技術(タービン、火力発電、エクセルギー再生)をも抱合して、将来の水素利用体系に関する総合的かつ技術的な検討を推進するための組織です。

組織と狙い

産学官が参加して機動的な運営ができるよう、参加企業とはマルチクライアント受託研究契約を結んで、図に示すような組織で活動を開始しました。東工大の産学連携のサポート体制を活用して、参加企業のみならず、学内外の研究者との連携も促進します。このコンソーシアム活動が、長期的に見れば再生可能エネルギーをも含むエネルギー源の多様化を基軸とした新しい国際的なエネルギーのベストミックスの実現に貢献することを目指しています。

コンソーシアムの設計方針は、(1) 東工大の独自性の発揮 (研究力、組織力、総合力)、(2) エネルギー・環境に関するこれまでの取り組みの発展、(3) 他大学・組織との連携、 (4) 論点を明確にした活動方針、プレーヤーを厳選、(5) 産・官・学の密な有機的連携、(5) 公平で客観的な評価、(6) 東京からの情報発信、(8) 大学の支援と自助努力の調和、としました。

活動概要

グローバルなスケールでの水素サプライチェーン構築に関し、産官学のメンバーが連携して、(1)正しい情報を収集・整理・分析し、(2)グローバル水素エネルギーシステム構築にあたりボトルネックとなっている技術開発課題や研究課題を抽出し、(3)その課題解決やシステムの社会実装に向けた方策を検討するとともに、(4)海外の未利用エネルギーからの水素エネルギーの利用体系の構築に向けた活動を共同で推進しています。

また、国内の再生可能エネルギーからの水素の供給と利用、さらに、燃料電池に限らない様々な水素利用技術を含めた検討を併せて行っています。具体的には、水素エネルギー関連のワークショップ、シンポジウムを開催し、コンソーシアム会員および水素エネルギー関係者と研究成果の共有を図り、水素エネルギー社会の実現に向けた活動を行っています。 詳細は「開催・運営の記録」をご参照ください。

参加メンバー

  1. 法人正会員(13社)
    株式会社IHI、岩谷産業株式会社、大阪ガス株式会社、鹿島建設株式会社、川崎重工業株式会社、千代田化工建設株式会社、電源開発株式会社、東京ガス株式会社、トーヨーカネツ株式会社、株式会社日本製鋼所、パナソニック株式会社、三菱商事株式会社、JXTGエネルギー株式会社

  2. 協力会員(4団体)
    エネルギー総合工学研究所、産業技術総合研究所、石炭エネルギーセンター、電力中央研究所

  3. 個人正会員(22人)
    阿尻雅文(東北大・教授)、 瀬川浩司(東大・教授)、関根泰(早大・教授)、緒方寛(三菱重工)、斎藤健一郎(JXリサーチ)、 藤岡惠子(ファンクショナル・フルイッド)、松本隆也(JXTGエネルギー)、森原淳(東工大・特任教授)
    およびグローバル水素エネルギー研究ユニット(GHEU)担当者
    ※敬称略

2017年5月現在

参加するには

東工大と東工大グローバル水素エネルギーコンソーシアム受託研究契約を締結して頂きます。
お問い合わせページよりご連絡ください。ご説明の資料をお送りさせて頂きます。