組織概要

グローバル水素エネルギー研究ユニット(Global Hydrogen Energy Unit: GHEU)

化石燃料の枯渇、地球温暖化防止の観点から、低炭素社会の実現やエネルギー構造の変革を実現可能な二次エネルギーとして水素(H2)エネルギーが注目され、実現に向けた様々な取り組みが行われています。大量の水素エネルギーを活用するためには要素技術、システム、産業、社会の様々な観点からあらゆる選択肢を検討し、課題を抽出・解決する必要があります。東京工業大学は、様々な課題を多面的、客観的、かつ科学的に評価する為の研究活動を、2015年4月1日に開始しました(平成27年度活動報告書抜粋)。2016年4月1日、この研究活動は「グローバル水素エネルギー研究ユニット(略称GHEU)」として、科学技術創成研究院の下に設置されました。本研究ユニットが核となり、産官学連携により水素エネルギー社会の実現に向けた課題、ボトルネック技術を明らかにし、必要となる要素技術の開発やシステムの開発を行います。
資料:グローバル水素エネルギー研究ユニットのご紹介(PDF) 


図:東京工業大学科学技術創成研究院におけるグローバル水素エネルギー研究ユニットの位置付け

産学連携コンソーシアム

産学官が連携して水素エネルギー社会の実現を推進する為の共通プラットフォームとして「グローバル水素エネルギーコンソーシアム(略称GHEC)」を立ち上げました(2015年7月1日)。本コンソーシアムは、産官学の構成員により、公平で客観的な立場からの議論や評価、海外の未利用エネルギーを水素に変換して日本に輸送するグローバルなスケールでの水素サプライチェーンの構築、および国内の未利用エネルギーからの水素製造/輸送/貯蔵との連携について、燃料電池に限らず様々な水素利用技術(タービン、火力発電、エクセルギー再生)をも抱合して、将来の水素利用体系に関する総合的かつ技術的な検討を推進するための組織です。東京工業大学科学技術創成研究院グローバル水素エネルギー研究ユニットの活動の一つです。詳細はこちら。 

水素利用システム評価研究

地球環境保全の為、2030年までに、二酸化炭素(CO2)を26%削減することが必要であり(2050年までに80%削減)、水素エネルギー社会の実現が社会的要請になりつつあります。グローバル水素エネルギー研究ユニットでは、水素エネルギーを実用的に大量に活用するために、技術、システム、産業、社会の各観点から課題を抽出し、客観的、科学的に評価する研究を推進しています。詳細はこちら