国際連携

2017年 | 2016年

2017.9.11-12 第3回NTU-東工大合同ワークショップに参加

2017年9月11日~12日の2日間、シンガポールの南洋理工大学(NTU: Nanyang Technological University)で第3回NTU-東工大合同ワークショップが開催されました。当ユニットからは、岡崎健特命教授及び伊原学教授が参加し今後の共同研究の具体的な実施方法について協議しました。

2017.7.13 国際シンポジウム「アジアにおけるエネルギー安全保障及び投資」に参加

2017年7月13日、三田共用会議所(東京)において外務省主催の国際シンポジウム「アジアにおけるエネルギー安全保障及び投資」が開催されました。
GHEUからは山田明教授(東京工業大学)が参加し、分科会「アジアにおけるエネルギー投資及びエネルギー転換」にてGHEUの活動を説明するとともに、低炭素社会の実現に向けた先端エネルギー技術及びエネルギー投資が果たす役割や課題等について、アジアでの実例を交えながら議論しました。(詳細はこちら

2017.6.5-8 米国エネルギー省(DOE)主催の2017 Annual Merit Reviewに参加

2017年6月5日から9日の5日間、米国エネルギー省(DOE)が主催する会議U.S. Department of Energy Hydrogen and Fuel Cells Program 2017 Annual Merit Review and Peer Evaluation Meetingが行われました。当ユニットからはリーダーの岡崎健特命教授が参加し、DOEの水素・燃料電池技術室長のSunita Satyapal博士と今後の連携の可能性について議論しました。

2017.3.26-30 1st ACTSにAUTSEのHonorary Advisory Boardsとして参加

2017年3月26日から30日までの5日間、韓国済州島でAsian Conference on Thermal Science 2017(1st ACTS)が 開催されました。当ユニットのリーダー岡崎健特命教授がHonorary Advisory Boardsとして参加し、アジア地区の熱工学の活性化について議論しました。

2017.3.17  NTUで研究情報交換および意見交換を実施

NTUにて

2017年3月17日、GHEUメンバーがシンガポールの南洋理工大学(NTU: Nanyang Technological University)を訪問しました。今回は、世界でも高レベルな研究を行っている同大学の水素・燃料電池グループおよび太陽電池・P2Gグループと研究情報交換を行うとともに、今後の協力の進め方について議論しました。

2017.3.3  第5回ワークショップで米国エネルギー省のDr. Sunita Satyapal氏が講演

2017年3月1日~3日の3日間、水素・燃料電池関連企業や団体が一堂に会する国際展示会FC EXPO 2017が開催されました。 GHECは、FC EXPOの開催に併せて3日に東工大大岡山キャンパスにて第5回ワークショップを開催しました。
今回のワークショップでは、米国エネルギー省(DOE)の水素・燃料電池技術室長であるSunita Satyapal博士をお招きし、米国エネルギー省での燃料電池研究における現状及び将来戦略についての講演を行っていただきました。当ユニットからは、リーダーである岡崎健特命教授および伊原学教授が東工大における水素関連研究について講演しました。(議事次第はこちら

ワークショップ後の意見交換会にて

FC EXPOのビアパーティーにて

2016.11.17-18  第2回NTU-東工大合同ワークショップに参加

2016年11月17日と18日の2日間、東工大大岡山キャンパスで第2回NTU-東工大合同ワークショップが開催されました。
17日午後には、水素エネルギーを含む6つの分科会が行われました。水素エネルギーの分科会では、当ユニットリーダーの岡崎健特命教授がモデレーターを務め、NTUからはチャン教授、当ユニットからは伊原学教授、山田明教授、山中一郎教授が講演を行い、太陽電池や燃料電池の分野での連携プロジェクトの具体化に向けて議論しました。(詳細はこちら

集合写真

2016.2.29-3.1  第1回NTU-東工大合同ワークショップに参加

岡崎健特命教授

2016年2月29日と3月1日の2日間、シンガポールの南洋理工大学(NTU: Nanyang Technological University)で第1回NTU-東工大合同ワークショップが開催されました。
当ユニットからはリーダーである岡崎健特命教授が参加し、基調講演を行いました。
講演では、自動車産業や家庭で水素エネルギーが利用されている日本の現状や、海外の未利用エネルギーを水素に転換して輸送する大規模なサプライチェーン構想などを説明しました。(詳細はこちら